超歌舞伎を観てきました

先日、東京に行った際に超歌舞伎を観てきました
超歌舞伎はNTTの研究所による最新の通信技術を用いた新たな演出の取り組みです。

古典的な歌舞伎にARやプロジェクターを使用したことによって、
役者の分身を作ったり変身させたりといった演出がなされ、新しい楽しみ方ができました。
今週のゼミではこの通信技術について話したいと思います。

あと中村獅童がとてもかっこよかったです。

記事は以上

One Reply to “超歌舞伎を観てきました”

  1. 最先端技術の実装に触れておこうとする姿勢は,とても感心です.

    伝統芸能とされる歌舞伎ですが,江戸時代では表現技術の最先端だったと言えます.
    私としては,超歌舞伎が歌舞伎の原点回帰に思えます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)