最終学年になってしまいました。

こんにちは。
とうとう四年生になってしまいました。入学した頃に思い描いていた大学四年生はもっと大人な人でした。
次の髪色は何しようかといつも考え毎月髪色を変えていた私でしたが、ついに真っ黒に染め上げ真っ黒のスーツに身を包み就活をするようになりました。
就職活動が本格的に始まり、私は面接が嫌いじゃない、むしろ好きだということがわかりました。なかなか企業のお偉いさんが学生である私の話を真剣に聞いてくださる機会は少ないと思うので緊張よりも楽しいが勝ってしまいます。しかし、緊張しなさすぎておかしな日本語を使ってしまうことがあるので多少は緊張感を持って臨むべきだと思いました。
皆さん、大学ラスト1年ハッピーライフを送りましょう!^_^

2 Replies to “最終学年になってしまいました。”

  1. 私の友達がブログを書いていると聞き覗きに来てみました。 このような制度があることは素晴らしいと思います。 
    私も就活生で会社に赴く日々を送っております。 お互い1番良い結果になるといいですね。
    これからもブログ更新楽しみにしています。ラスト1年楽しみましょう!

  2. 就活の面接がおしゃべりの時間になることは,私からすれば望ましい状況です.
    「おかしな日本語」は丁寧な言葉を意識しすぎても出てきます(接客でもよく聞きます)ので,形よりも相手への親しみと敬意を意識する方が,自然によい話し方ができると思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)